ご夫婦

素敵なご夫婦の患者さんがいる


もう、うちに通院されて6、7年くらいになるかな?

いつも、いらっしゃる時はご一緒

理由があってご一緒なのだけど・・・


ご主人は会社を経営されていて、紳士的な方、70代前半です。

奥さまは専業主婦で60代後半

いつでも一緒

ご主人の会社にいつも、一緒にいらしてる。


ここまで、聞くとただ不充分のない幸せなご夫婦だけど


いつも一緒にいる理由

それは、奥さまに記憶障害があるため

認知症とは違うらしい・・・


うちに、初めて来た頃は

また、歯医者に来ていると言う認識もあったし、その場なら言えばなんでもできた。


ただ、ブラッシング指導をしても覚えていられないので、状態は悪い。

しばらく来ないと、また、ひどくなってる_| ̄|○

そんな、状態だから当時新人の後輩が担当していたが、院長の指示で交代

選手交替したとこで、状態が状態だけによくなるわけでもなく


どうにかしてあげたくて、

紙に大きくポイントを書いて洗面所に貼って下さい。

って、ご主人にお願いしたり

少しは効果あったけど、悪くなりすぎてこの状態では確実に無理

ご主人もハブラシする時に横について下さる

それ以上は望んでいいものか


自分の不甲斐なさにもどかしさを感じていたころ、腫れた。

来ちゃった・・・_| ̄|○

ちょうど、いい抗生物質が出て、お薬飲んで貰って腫れは抑えたけど、その歯にもう、猶予はない。


しばらく、毎週のように通院してもらいこちらでのクリーニングを徹底した。

ちょうど腫れるちょっと前から病気が進行した、

『お口ゆすいで下さい。』

って、言ってもできない

コップを持たせても、ペッとするのはとんでもないとこ( ̄▽ ̄;)


そこからは、比較的定期的に通っていただいた。

だけど、3ヶ月や半年経つと病気も進行してる。

1度

『お靴を脱いで椅子に掛けて下さい。』

と、お願いすると・・・

セーターを脱いで、ズボンを脱ぎ始めた

(゜ Д゜;)

こっちがアワアワしちゃう・・・


ご主人はご自身が先に終わると、『あっちで待ってるからね』って、声をかけて下さったり

『大丈夫ですかね?また、腫れたりしませんかね?』

って、親身になって下さる。


そうこうしてたら、ご主人が体調を崩され・・・

しばらく通院出来なくなり・・・


久しぶりにいらっしゃると、『また、進行してます。』と

でも、お口の中はいい状態ではないけど、今までを考えればいい!


キモチイイ

をわかって、貰おうととにかく、一緒にひたすらブラッシングして、こちらでのクリーニングを行う


この頃は、鞄はここに

この椅子に座って、下さい。

1つ1つ次の行動を伝えないとできない。

二言目には『もう終わり?』『あなた、お上手ね!』

ご主人はしっかり、奥さまに付き合ってる。

突き放すことは絶対にしない。

そして、奥さまのお口の中までちゃんと考えてくれている。


お口の中って、どぉしても後まわしになる

それは、介護の世界に限らず一般的にその傾向は強い

そんな、ご主人の気持ちにも応えたくて、私も頑張る。



先日いらして

まぁ、いつもと変わらない状態

良くも悪くも・・・


聞くと、今、施設に平日は居ると

土日はご主人が一緒にいられると


施設の方にもどれだけ頼んでもいいんだろ?

マンツーマンでついていたら出来るんだよ

それを、ヘルパーさんなのか介護士さんなのか、はたまた??

にやってもらうじゃ、患者さんが気の毒・・・

でも、それでキレイなら文句も言わないけど

イマイチ

難しい問題だよね

この分野まだまだ勉強不足

他のことに手一杯になっていてほぼ手つけてない・・・


何かいいアドバイスあったらよろしくお願いします


ドリフレちゃんも友達も

介護に携わっている人けっこういるんだよね・・・

聞いていない時点で私がいけなんだな・・・╲(. .)


ご主人はまた、来て下さるけど

奥さまは次はまたいつか、病院に行く時に外出する時


素敵なご夫婦を前に自分の力無さを痛感した日でした

いまだにどぉしていいのか分からない状態だけど・・・・・・・・・・・


"ご夫婦" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント